• イベント情報
  • メールフォーム

2015年07月28日

【健康】 祝!ダイエットで10kgの減量に成功!その秘訣③ 「停滞期」は気にしない

せっかく10kg減量したのに、さっき体重量ったらもう1kg戻ってたよ、きゃあぁぁ!

・・・でもこんなの、いつものこと。


どうもSHIBAです。

僕のダイエット経験で分かったこと。

それはダイエットをしたことがある人なら誰でも経験があるであろう「停滞期」について。

どんなに理想的だと思って取り組んだダイエット法でも、最初のうちは順調に体重が減り続けるものの、必ず何処かで迎えることになります「停滞期」

急に何日も減らなくなったり、逆に増えることも。

努力を怠っていないのに何故だろう?と疑問に思ったり、これまで通りではぬるいのかな?とダイエットのやり方に疑問を感じたり・・・

努力の成果を実感できない日々が続くことで、ダイエットを諦めてしまうのが停滞期。

でも停滞期は誰にでも訪れますから、気にしてはいけません。

というより、停滞期はダイエットが順調に進んでいる証なんですよ。


というのは、停滞期が必ず来る理由は、ヒトが持つ適応現象のため。

これまで摂取していたエネルギー量がダイエットにより減らした場合、これまでと同じようにエネルギーを消費していてはエネルギー不足になりますよね。

なので人は節約モードになって、身体がエネルギーを蓄えようとするんです。

ホメオスタシスと言って、恒常性を維持しようとする身体機能によって停滞期が訪れるんですね。


そのうち身体が節約モードへの切り替えが完了すると、また体重が減り始めますから心配はいりません。それがいつまで待つことになるかは分かりませんが。

これは僕の個人的な意見ですが、停滞期が訪れた時は「今はどうせ体重が落ちないんだから」と敢えて好きな物を食べたりしましたよ。
そしてもう一度ダイエットに励むんです。

例えば体重が70kgで停滞期を迎えストップした時。要は70kgが壁だった時。
ここで敢えて一旦体重を1~2kgを増やして、もう一度ダイエットに取り組むとね。
これが簡単に70kgの壁に戻れるんです。
こんなことを繰り返しているうちに一気に壁を破って69kgになることがありました。

例えるなら、どんなに業績の良い会社でも株価が上がり続けるなんてことはなくて、
どこかで押し目を作りながら上がっていくようなものですよ(ちょっと無理があるか)

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s.jpg

なぜかは分かりません。
脳が騙されているのかな?

とにかく。

停滞期は次のステップへの充電期だと思えば苦にはならないと思いますよ。


関連記事
『【健康】 祝!ダイエットで10kgの減量に成功!その秘訣① 痩せようと思うな』
『【健康】 祝!ダイエットで10kgの減量に成功!その秘訣② 最大の敵は「誘惑」ではない』
『【健康】 祝!ダイエットで10kgの減量に成功!その秘訣④ 僕が毎日食べているもの』


(大きく跳ぼうとすれば一度しゃがまなければ跳べない SHIBA)