• イベント情報
  • メールフォーム

【健康】 プリン体ゼロのビールって意味あるの?

どうもSHIBAです。

プリン体を摂り過ぎると尿酸値が高くなって痛風になる可能性があることは、おそらく多くの人が認知していることでしょう。

そこで「プリン体オフ」と謳ったビール、もっといえば「プリン体ゼロ」とった究極のビールも今では市場に出回っています。

そしてまた、そんな類のビールが売れているのだそう。

医者もまた痛風患者にはアルコールは控えるよう指導するものだから、
痛風とは関係のない人までも敢えてそういうビールを選んでしまうらしい。

近年の健康志向の高さが窺えます。

しかし、だからといってその分、安心してビールを飲むようではビール会社の思うつぼですよ。たとえ「プリン体ゼロ」であっても・・・

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s.jpg

その理由は2つあります。


①安心してついつい飲みすぎてしまう

ビールといえばプリン体、というイメージがありますが、
実はビールに含まれるプリン体は意外に少ない

缶ビール350mlに含まれるプリン体は、約20mg程度。
プリン体を多く含む食品、例えばレバーやウニなどと比べればかなり少ない。

そんな事実を知っている人だったら
「ビールのプリン体なんて僅かだな。ビールは痛風の大敵というけど大したことないよな」と考えてしまいがち

確かにビールに含まれるプリン体なんてごく僅か。オフにしようがゼロにしようが大差ありません。

だからといってビールを多量に摂取すると、つまみだって進みますよね。
むしろ、そんな酒の肴の方がプリン体を多く含んでいるので結果としてプリン体の摂り過ぎに繋がります。

だから、医者はアルコールを控えるように指導しているんですね。


②アルコールを分解する時に尿酸が産生される

もう一つの理由。

実は(こちらの方が重要な理由だが)プリン体ゼロのビールでも尿酸が増えるんです。

なぜならアルコールは肝臓で分解されますが、その時に尿酸が産生されてしまうから。

その飲料にプリン体が含まれていなくても・・・です。

つまり、プリン体を含まないアルコール、例えば焼酎でも同じことなんです。


さらに言うと、アルコールは尿酸値を上げるだけでなく、排泄機能を下げてしてしまうことが分かっています。

これではより尿酸値が高くなりますよね。

だから、医者はアルコールを控えるように指導しているんですね(大事なことなので2回言いました)


関連記事
『【健康】 プリン体ってなぁに?』
『【健康】 「痛風」の入浴法 ~激痛時は入浴厳禁~』



(簡単に言えば「飲みすぎるな」ってこと SHIBA)