ホーム>健康ブログ

健康ブログ

【健康】 夏野菜で紫外線対策! 理由を知ればあなたも食べたくなる


紫外線対策といえば日焼け止めクリームや日傘など体の外側からのケアが中心となります。

ここに体の内側からも紫外線対策ができるとしたら・・・

それができるんです。夏野菜で。


夏野菜といえばトマトやナス、ズッキーニなど色鮮やかな物が多く、しかも色が濃いという特徴がありますよね。

実はその色の濃さに紫外線から守ってくれる理由があるんです。


2017716111743.jpg



◆紫外線から守る抗酸化作用


そもそも紫外線対策が重要なのは日焼けから守るため、ではありません。もちろん美白を意識している人には日焼けしないことも大事なことでしょうけど、紫外線が肌に与える影響で気になることと言えば、やはりシミやシワになるでしょう。

紫外線によって発生する活性酸素は、皮膚の細胞にダメージを与えることによってシミやシワの原因になるからです。

そのため、紫外線対策に良い食材としては抗酸化作用を持つ物が良いということになります。

ビタミンAビタミンCビタミンEなどは抗酸化作用のあるビタミンですが、夏野菜に限らず大体どの野菜・果物にも含まれています。

ですから野菜や果物は全般的に紫外線対策には良い食材と言えるのですが、その中でも夏野菜は特別な力を持っています。

そのキーワードが「色の濃さ」



◆夏野菜の色が濃い理由


植物も人間と同じように紫外線から身を守る必要があります。

当然ですが野外で一日中日光に晒されている植物は、ずっと紫外線を浴びていることになります。

それでいて細胞が破壊されないのは、それだけ植物には高い抗酸化成分が含まれているということです。

ポリフェノールカロテノイドなどと呼ばれる色素成分で、主に皮の部分に多く含まれています。


例えばトマトに含まれている「リコピン」

トマトが赤いのはこのリコピンによるもので、リコピンには強い抗酸化力があり、その強さはビタミンEの約100倍以上とも言われています。

それからナスには「ナスニン(アントシアニンの一種)」という紫色のポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールにも強い抗酸化作用があり、やはり紫外線やバイ菌から身を守っているわけです。

また、ズッキーニには「β-カロテン」というカロテノイドが豊富で、同じβ-カロテンを豊富に含むニンジンよりも抗酸化力が高いと言われています。

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれているのが特徴で、ズッキーニはきゅうりに似ていますが実はカボチャの仲間であり、β-カロテンを含んでいることからも緑黄色野菜であることが分かります。

ということで、夏野菜であるカボチャにもβ-カロテンが豊富であり、カボチャにはβ-カロテンの他に「ゼアキサンチン」も含まれていて、ゼアキサンチンはとうもろこしにも多く含まれている黄色のカロテノイドです。

目を保護する働きがあり、目の紫外線によるダメージから守ると考えられています。


夏野菜で最近注目されているのがパプリカ。

パプリカにはいろんな色がありますが、赤パプリカの赤色は「カプサンチン」

トマトのリコピンと同じくカロテノイドの中でも赤色の色素で、抗酸化力もほぼ同じらしい。

ちなみにカプサンチンとよく似た名前で辛み成分のカプサイシンとは別物です。

黄色やオレンジのパプリカの色は「ゼアキサンチン」によるもの。目の健康を維持したい人にはお勧めの夏野菜です。


このように、高い抗酸化力のあるポリフェノールやカロテノイドは、それぞれ鮮やかな色素を持っており、夏野菜が色鮮やかなのはそのためです。

しかも夏は日照時間も長く、紫外線を強く浴びるので、夏野菜の色が濃いのは、それだけポリフェノールやカロテノイドが豊富であるからだということが分かります。

色の濃さが抗酸化作用の強さを意味するのであれば、夏野菜が紫外線対策になるというのも納得できますね。

旬の物を食べるのはとても理に適っていることの一つと言えそうです。

【健康】 お勧めのアロマバス 暑さに負けないブレンド


暑い日が続くと、汗を流すだけでなく体調にも気を配りたいものです。

そこで暑い日ほど全身浴。冷房で体の体温調節機能が低下しないよう、しっかりと汗をかく習慣を身に付けましょう。


ただし、だからといって熱いお湯は危険です。38~40℃でゆっくりと浸かり、体を温めましょう。

夏風邪に負けぬよう免疫力を高めるためにも、夏でも体を温めなければなりません。


ブレンドレシピ

 天然塩(エプソムソルトでも可) 大さじ3
 ユーカリ・ラディアータ 3滴
 マージョラム・スイート 2滴



ユーカリには抗菌・抗ウイルス作用があり、免疫力を高めてくれる効果が期待できます。
またリンパなどのうっ滞除去作用もあるので体液循環が促進され、疲労物質を流しやすくなります。
このためユーカリは夏風邪や夏バテの予防に適した精油と言えるでしょう。

ちょっと香りが強めなところもありますが、スッキリ樹木系の香りなので脳をリフレッシュしたい場合にも。


バスソルトにすることで発汗を促進し、汗腺機能を正常化しましょう。


 

【健康】 ナトリウムって難しい・・・


どうもSHIBAです。
 
ナトリウムを理解するうえで、どうしても難しく感じるのが浸透圧
 
同じ電解質でもカリウムやカルシウムの場合、過剰であれば「高○○○」、不足すれば「低○○○」と診断され、状況が理解しやすく感じます。
 
しかしそれがナトリウムだとそうはいきません。
例えば「高ナトリウム血症」であると診断された場合、その原因がナトリウム量の過剰とは限らないんですね。
 
汗のかき過ぎなどほぼ水だけ失う脱水による場合(ナトリウムの量はそのままに水分だけ失うとナトリウム濃度は高くなる)や、利尿薬によってナトリウム欠乏を上回る水欠乏に陥った場合(浸透圧を利用する利尿薬はナトリウムを腎臓から尿への排泄を促す働きがある。浸透圧の関係で水も増加するので尿量が増え、結果的に体液が減る)などもあるからです。
 
高ナトリウム血症でもむしろ、単純にナトリウムの過剰が原因であることの方が少ないと言いますよね。
もしナトリウムの量が過剰になろうとしても、そんなときヒトの体は喉が渇くようになっているもの。結局水分補給されて浸透圧が調節される仕組みになっているからでしょう。
 
 
このようにナトリウムの過不足は浸透圧によって判断されるので、常に水とセットで考えなければいけないわけで。
 
これは低ナトリウム血症に関しても同じ。
 
心不全や浮腫の場合、低ナトリウム血症だからといってナトリウムを補給すると逆効果になってしまいますからね(体内のナトリウム量に対して水分量が多い状態)
 
電解質、特にナトリウムを理解するのは難しい・・・
 
でも少し知っているだけでも「熱中症対策は水分だけ補給してもダメ」な理由も理解しやすいですよね。
 

 

【美容】 化粧品などで見かける「整肌」とはどういう意味か?

 
「整肌」という言葉をご存知ですか?
 
主に化粧水に書かれていることが多いと思いますので、見かけたことがあるかもしれません。
 
しかし「整肌」という言葉。どう読むのか?どんな意味なのかはあまり意識したことがないのではないでしょうか。
 
普通に考えれば文字通り「肌を整える」ということなんでしょうけど・・・肌を整えるってどういう意味か分かります???


201779114027.jpgのサムネイル画像
 
 
◆整肌の意味
 
 
「整肌」は「せいき」と読みます。ちなみに自分のパソコンでは変換できません。特殊な言葉なのかな?
 
意味は確かに「肌を整えること」で合っているらしいのですが、肌を整えると言われてもピンと来ませんよね。
 
では「整肌」という言葉。どんな場面で使用されているかといえば、スキンケアの手順の一つに「整肌」があります。
 
 
スキンケアの基本は 「洗顔」 → 「整肌」 → 「保湿(仕上げ)」
 
の3段階。
 
「洗顔」は分かりますよね。主に化粧料を落とすのが目的。
細かくはクレンジングと洗顔(ソープ)に分けられます。
 
洗顔
 ●クレンジング・・・油溶性の化粧料を落とす
 ●洗顔(ソープ)・・・水溶性の汚れやクレンジング料を落とす
 
 
そして次の段階が問題の「整肌」
 
整肌とは、主に肌への水分補給が目的。
しかし本当は水分を補給するだけでは不十分で、最近は保湿成分の補給が重要視されています。
そこで化粧水や乳液が使用されています。
 
整肌
 ●化粧水・・・水分と保湿成分を補う
 ●乳液・・・脂質を補う(保湿の役目がある)
 
 
ここでスキンケアを終えるとせっかく補った水分や保湿成分が失われやすいので、最後に保湿を行う必要があります。
ですので「保湿」がスキンケアの仕上げにあたります。
 
 
◆化粧水の働き
 
 
さて、化粧水は水分と保湿成分を補うと言いましたが、違った働きを持つ化粧水もあります。
 
もちろん一番多いタイプはこの水分と保湿成分を補うタイプですが、化粧水には肌をひきしめる働きのあるタイプもあります。
 
この肌の収れん作用は、皮脂や汗の分泌が多い脂性肌(オイリータイプ)の人に有効です。
 
このように、肌には脂性肌や乾燥肌、敏感肌などいろんなタイプがありますので、肌の状態に合わせた化粧水を選べるようになっています。
 
もっと細かく、例えばニキビ用、日焼けのほてり用、抗炎症用など目的別のものまで・・・
 
 
上手に使い分けることで肌の状態が整うから「整肌」・・・ということなんでしょうね。

 

浴室のカビは50℃の熱湯で退治できる


どうもSHIBAです。

梅雨の時期に繁殖しやすいカビ。

とりわけ湿度の高い浴室は梅雨以外の時期にもカビが繁殖しやすい環境ですよね。

浴室をカビ取り用の洗剤で一生懸命洗っていてもすぐにカビが生えてきてキリがないということがありませんか?

それってカビの特性を知ると「なるほどな」と納得できますよ。

20177812482.jpg


◆カビの特性


カビは私たちの皮脂やアカをエサにして繁殖しています。浴室では湯気や水しぶきと共に混じって壁や天井に付着するので、カビが繁殖しやすいのはそうゆう理由によります。

それからカビというのは目に見えるものばかりではなく、その奥にずっと根を張っているものだと思って下さい
例えば壁タイルの表面のカビをカビ取り洗剤で洗い落としたとしても、カビは死んではいません。
トカゲの尻尾を切り落としたようなもので、すぐにまた生えてきます。

また、カビは凸凹した場所を好みます。さらに傷などのある場所はその傷口からカビの胞子が侵入しやすく繁殖する原因となります。
ですからカビ取り洗剤でゴシゴシ洗えば洗うほど傷口ができて、カビが繁殖しやすい状況を作ってしまうという悪循環を招くことになってしまうんですね、悲しいことに。


◆ガッテン流カビ退治法


ではどうすればいいのか?

実は昨年、NHKのガッテンという番組で根本的なカビ退治法が紹介されています。

見た人はもう実践しているかと思われますが、知らない方のために紹介します。

といっても、それほどたいしたことでもないんですけどね・・・

答えは「50℃の熱湯を90秒間かける」というものです。

カビは熱に弱く、50℃以上の熱湯をかけることで死滅するようです。
壁の奥にも熱が届くように90秒間としているのはそのためで、カビは死滅した後も黒ずんでいるので、そこでカビ取り用の洗剤の出番。
ただしゴシゴシ擦らないこと。

壁や天井ばかりでなくゴムパッキンのカビも全て熱湯で死滅させることができます。実際に自分も試してみて証明済みです。


◆熱湯の注意点


なお、実際にやってみて気が付いた注意点を紹介します。

まず50℃の温度はけっこう熱いです。

で、50℃以上の熱湯で死滅するわけですから60℃であればもっと早く確実に退治できるわけですが、かなり熱いので危険を伴います。

それから一番難しいのは天井です。

天井にめがけてお湯をかけるのはかなり危険。熱湯が自分に降ってきます。何度か挑戦してみましたが無理でした。

天井だけは熱湯作戦は危険ですよ。
そこは掃除用のワイパーにキッチンペーパーみたいなものを巻き付けて、そこに消毒アルコールつけて掃除すると良いそうです。
デッキブラシでゴシゴシいきたいところですが、傷が付くとカビが繁殖しやすくなるのでここは我慢です。


◆アフターケア


さて、50℃以上の熱湯をかけて一度死滅させたら、もうこれでカビは生えてこないのかというと、そういうわけではありません。

いずれはまた新手のカビが繁殖し始めますので、アフターケアが必要になります。

アフターケアは1週間に一度、50℃の熱湯を5秒間かけるだけ。

これでカビ予防ができるそうです。簡単ですね。

また、毎日の風呂上りに浴槽のお湯を捨てたり、ドアや窓を開けて換気することも有効なので併せて行うと良いでしょう。
 

【健康】 胸のムカムカは炭酸飲料で治まる?


胸がムカムカしたときに、誰しも一度は炭酸飲料を飲んで胸やけを解消しようとしたことがあるのではないでしょうか?

炭酸飲料を飲むとスッキリするようなイメージがありますよね。

しかし、専門家たちの見解では炭酸飲料は胸やけの解消には向いていないという。どういうわけか・・・


201772151628.jpg


◆逆流性食道炎と炭酸飲料の関係


胸がムカムカするいわゆる「胸やけ」の正体は逆流性食道炎

食べたり飲んだりした物は胃で消化されますが、何らかの理由で胃酸と共に食道へ逆流して食道が炎症を起こすことを逆流性食道炎と言います。

食道には胃壁とは違い胃酸から守るような粘膜が存在しないために、食道へ胃酸が逆流してくると食道は荒れてしまうので胸がムカムカします。

このような時、炭酸飲料を飲むとスッキリするような気がしますが、炭酸飲料にはゲップが出やすいという特徴があり、そのためゲップと共に胃酸が逆流しやすくなってしまうというのです。

また、炭酸は胃酸と同じ「酸」であることも理由の一つだそうです。

炭酸飲料という意味ではビールも同様です。
しかもアルコールには筋肉を弛緩させる作用があるので、胃と食道のつなぎ目である噴門が緩みやすくなり胃酸が逆流しやすくなると考えられます。
ただでさえアルコールは多くの胃酸を分泌しますからね。よりリスクが高くなるのも当然かと。



◆お茶やコーヒーもダメ


お茶やコーヒーも胸やけには向いていません。

これらに含まれているカフェインが、胃酸の分泌を促進すると言われています。

紅茶も若干カフェインを含みますので微妙ですね。一方、お茶といっても麦茶などカフェインを含まない物は問題ありません。



◆飲んでよいもの


では胸やけには何が向いているかといえば、湯(白湯)牛乳などが胃を刺激しにくいそうです。

また、胸やけを解消するにはこれらの飲み物をただ飲むだけでなく、ベルトを緩めたり姿勢を正したりして腹圧がかからないようにすることも効果的ですよ。



関連記事

『【入浴】 「胃食道逆流症(逆流性食道炎)」の入浴法 ~食後2時間は入浴しない~』

【入浴】 「腹部膨満感」の入浴法 ~腸内ガスの排出を促す~


201762817411.jpg


◆主な原因は腸内ガスによる鼓脹◆


腹部膨満感というのは、お腹が張っていると感じること。

お腹を膨らます原因は主に6つ。ガス、便、脂肪、腹水、腫瘍、そして妊娠によるものが考えられます。

この中でも多いのはガスによるもので、ここで言うガスとは腸内ガスのことであり、口から飲み込まれた空気や、食べた物が腸内で消化された時に発生するガスが溜まった状態を指します。
通常は腸管内のガスは腸壁から吸収されたり、ゲップやおなら排泄されますが、これらの働きが機能せずにお腹が張ることを専門用語で「鼓脹」と言います。

鼓腸は腸管内にガスが貯留する腸内ガスの他に、腸管外(腹腔)にガスがたまることで生じることもありますが、これは「気腹」といって鼓腸と分けて考えることもでき、気腹の場合は消化管穿孔など迅速な対応が必要な疾患になりますのでここでは除外します。

鼓脹の原因は主に空気の取り込み過ぎや腸のぜん動運動および排泄機能の低下によるもので、目に見える病気はないにもかかわらず鼓脹になる症状を「機能性胃腸障害」と呼びます

機能性胃腸障害とは、呑気症機能性ディスペプシア過敏性腸症候群などの総称です。

呑気症・・・食事や会話の時に無意識に大量の空気を飲み込んでいる状態
機能性ディスペプシア・・・器質的な異常が認められない(臓器や組織に病理的な問題が見つからない)が胃の不快症状がある状態
過敏性腸症候群・・・器質的な異常が認められないが腸のぜん動運動が機能せずに下痢や便秘またはガスがたまる状態



◆入浴法◆


機能性胃腸障害に共通する原因としてストレスがあります。

よって、入浴の目的はストレスの緩和消化活動の促進です。

どちらも交感神経の興奮を鎮め、副交感神経を高めることがポイント。

そのため、お湯の温度は38~40℃入浴時間は15分~20分が目安としましょう。

42℃以上のお湯は交感神経を刺激してしまうのでぬるめにします。
また、お腹の冷えは腸の活動が低下する原因になりますので、入浴時間はしっかり温まる15分~20分にします。
例えば40℃のお湯に15分間浸かると体温が1℃上がると考えられています(個人差あり)

お腹を温めることは腸の活動を高めるとして、病院などでは腹部膨満感に対する看護手段となっています。

半身浴にする場合はもう少し長めに入浴しても良いでしょう。


なお、入浴における注意点として、食後は1時間以上空けてから入浴して下さい

食後は消化活動を促進するために胃腸に血液が集まります。食後すぐに入浴すると、血液が手足など全身に拡散されるので胃腸に十分な血液が行かず、消化活動の妨げとなる原因になります。


以上、腹部膨満感の入浴法といっても、症状が鼓脹(腸管内にガスが貯留した状態)である場合に限って言及しています。
腹水腫瘍による膨満感の場合は重篤な疾患によることがありますので、医療機関を受診して下さい。

お腹の張りが鼓脹によるものかどうかを判断する目安として、お腹を叩いてみてポンポンと乾いた音がするようなら鼓脹(ガス)によるものである可能性が高くなります。



◆おすすめのアロマバス◆


その腹部膨満感が機能性胃腸障害(呑気症、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群など)によるものとすれば、ブレンドする精油にはストレスを緩和する作用のあるものが絶対必要となります。

そこに消化活動を促進する精油、体を温める精油などを症状に応じてブレンドしましょう。


●ラベンダー
リラックス効果の高い精油。鎮痛作用もあるので、お腹の張りによる痛みを軽減する効果も期待できる。

●ジンジャー
腸内ガスを排出する精油。カルダモンやクローブも腸内ガスに対するケアには向いている精油ですが、バスソルトの相性も良いジンジャーがお勧め。体を温める作用も強い。

●オレンジ・スイート
消化活動を助ける。体を温める。リラックス効果が高く安眠作用があるなど、膨満感には嬉しい作用が多くあるので使用しやすい。どの精油とも相性が良いのも◎。


アロマバスの例


腸内ガスの貯留が強い場合
 エプソムソルト(天然塩でも可) 大さじ2
 ジンジャー 2滴
 ラベンダー 3滴

(腸内ガスの排出を促し、体を温めて消化活動を助ける)
※妊娠中・敏感肌の使用は控えましょう。


膨満感により寝付きが悪い場合
 エプソムソルト(天然塩でも可) 大さじ2
 ラベンダー 2滴
 オレンジ・スイート 2滴

(副交感神経を高めながら消化活動を促進し、安眠効果をもたらす)
※妊娠中の使用は控えましょう。




関連記事

『【入浴】 「便秘」の入浴法 ~お腹を温めリラックスする~』
『【入浴】 「過敏性腸症候群(IBS)」の入浴法 ~腸脳相関に注目する~』

『症状別の入浴法』

【健康】 ビタミンCには血管を強化する働きがある



ビタミンCといえば、なんとなく風邪予防に効果があるという印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

これはビタミンCが持つ抗酸化作用によるもので、細胞を活性酸素から守るわけですから風邪予防どころかがん予防にもなります。

また美肌に関心のある人はご存知かと思われますが、ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な成分なんですね。

この抗酸化作用とコラーゲンの生成促進作用により、紫外線によるシミの予防にもなるので、ビタミンCは「美肌ビタミン」とも言われています。


とまあ、ビタミンCの効果には免疫や美肌のイメージが大きいかと思われますが、実は血管を強くするという効果も見逃せません。

コラーゲンは、細胞と細胞の間隙を埋めるセメントのような物質で、皮膚ばかりでなく血管壁を形成するうえでもとても重要であり、ビタミンCはコラーゲンの生成に大きな役割を果たしているということは、ビタミンCが不足すると血管が脆くなるということになります。

ちなみにコラーゲンは骨にも多く含まれていて骨のしなやかさを保っています。しなやかさを失った骨は折れやすくなるので骨にとっても重要な存在です。

さて、血管が脆くなるとどうなるかと言いますと、血管が破れて皮下出血内臓出血を起こしやすくなってしまうことになります。

201762602425.jpg


実際のところ、血小板減少性紫斑病や眼底出血などには血管強化薬としてビタミンCが投与されることがあります。
コラーゲンのようなセメント様物質の生成を促進することで血管壁を強化すると考えられているからです。

つまり、ビタミンCは止血能力を高める働きもあることが分かります。

ちょっとしたことですぐに出血したりアザができたりする人は、ビタミンCを積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?


 

【健康】 関節の「朝のこわばり」・・・朝になると痛みが強い理由



201762412111.jpg


関節性リウマチ
変形性膝関節症など、関節痛にみられる症状の特徴として多いのは「朝のこわばり」です。

夜中寝ている時から朝にかけて、または朝起きたばかりの時間帯に、痛みや腫れがあったり動かしにくい状態になることが多いと言われています。

日中に活動していると徐々に楽に動かせるようになっていくのも特徴のひとつで、「朝」と「日中(または夜)」とではこわばり方に違いがあるのには理由があります。


その理由の一つに「水腫」があります。

関節の関節液が溜まることで腫れたりこわばったりすると考えられているんですね。

寝ている間に溜まった水が「朝のこわばり」の原因となり、日中に活動していると楽になってくるのは、血流が良くなることで溜まっていた水が血流と共に流れていき、そのために徐々に腫れが引いていくというわけです。


関節痛の疾患をお持ちの方は「そんなことぐらい知っているよ」と思われるかもしれません。
わざわざここで言う必要もないでしょう。

しかし、関節痛の疾患を経験していない人にはそれが分かりません。

 

最近なぜか手や足などが痛み出したり、朝になると特に酷くこわばるという症状があるのに、その原因が関節ではなく筋肉か骨だろうと勘違いしてしまう人も多いのではないでしょうか?

「朝のこわばり」があるようなら一度医療機関を受診してみることをお勧めします。関節性リウマチの初期症状だったということもありえるからです。

反対に、朝と夜とでは痛みやこわばりに違いがない場合は、それは関節の疾患ではない可能性が高くなりますね。



関連記事

『【入浴】 「変形性膝関節症」の入浴法 ~温熱下膝ストレッチング訓練が有効~』

【健康】 幸せホルモン「セロトニン」を最も手軽に増やす方法は〇〇〇


不足するとうつ病の原因にもなるとして注目されているセロトニン

不足すると怒りっぽくなったりイライラする一方、すぐくよくよしたり落ち込んだりするなど感情が不安定になりやすくなるため、セロトニンの不足は神経細胞間での伝達が悪くなっていることを意味します。

そのため、現代のストレス社会において、このセロトニンの役割は精神面にとても大きな影響力があると考えられています。

心を安定させるには、セロトニンをいかにして不足させないようにするかが問題です。


2017622133211.jpg



セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質で、心のバランスを整える作用があります。

必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが体内で代謝される過程でセロトニンが生成されるということが分かっていますが、いかにしてセロトニンを効率よく生成させるかが気になるところです。


運動や食事、スキンシップの工夫により、セロトニンが増やせる方法はこれまでにいろいろ解明されてきましたが、おそらく最も手軽な方法だと思われるのが「太陽の光を浴びる」というものです。

太陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が促進されることが分かっています。

とりわけの日光浴が一番良いと考えられます。それには2つの理由があって、ひとつは太陽の角度が低く、紫外線による悪影響が抑えられるからです(正午前後が最も紫外線量が多い)

もうひとつは、朝に太陽光を浴びることで体内時計がリセットさせるからです。
また、セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの前駆体、つまりメラトニンの材料になることも分かっており、朝に太陽光を浴びることで夜のメラトニンの分泌も活性化され、質の良い睡眠に繋がるという効果が期待されます。


もうひとつ番外で太陽光を浴びることのメリットとして、体内でビタミンDが生成させることも見逃せませんね。

ビタミンDはカルシウムの働きを助けるだけでなく、最近では免疫力を高める作用も注目されています。


朝起きたら太陽の光を浴びる。目安は30分間ほどです。

30分というと長いような気がするかもしれませんが、なにも外へ出て日光浴をする必要があるわけでなく、部屋のカーテンを開けて外の光を取り入れるだけで良いわけですから、セロトニンを増やすのにこれほど簡単な方法は他にないのではないでしょうか?